ispace

NEWS
ispace、最短で2022年11月の打ち上げに向け、フライトモデルの最終環境試験を実施
2022年7月20日

株式会社ispace(東京都中央区、代表取締役:袴田武史、以下ispace)は、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」ミッション1の打ち上げ時期を、最短で2022年11月[i]に設定したことをお知らせ致します。

●  民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」ミッション1の主な進捗

●  2021年6月から組み立てを開始したランダー(月着陸船)のフライトモデルは、2022年5月中に予定していた組立作業を完了致しました。

●  2022年6月から、過酷な宇宙空間での稼働に向けた振動試験、熱真空試験、機能試験等の最終試験を行っております。

●  環境試験完了後、ランダーは打ち上げ予定地であるフロリダへ輸送を行う予定です。打ち上げは、現時点で最短で2022年11月[ii]を予定しています。

ispaceのエンジニアがランダーのフライトモデルを組み立てている様子

現在開発は計画に沿って進行しており、2022年9月には全ての試験を完了する予定です。最終試験完了後、ランダーは打ち上げ予定地であるフロリダへ輸送され、打ち上げに向けた最終準備を進める予定です。

また、打ち上げ後のランダーの運用に備えるため、日本橋に開設したミッションコントロールセンター(管制室)では、ミッションで起こり得る課題を想定したシミュレーション訓練を行っています。

●  HAKUTO-Rサポーティングカンパニーについて

●  2022年5月、東レ・カーボンマジック株式会社がHAKUTO-Rプログラムのサポーティングカンパニーに参画することに合意いたしました。東レ・カーボンマジック株式会社は、その起源であるレーシングカーの開発で培った最適化設計、軽量化技術を、レースと同様の極限の環境条件下で飛行するランダー(月着陸船)やローバー(月面探査車)といった宇宙開発に応用することで、HAKUTO-Rプログラムにおいて、CFRP機体や部品開発のサポートを行っています。

●  2022年6月、横河電機株式会社がHAKUTO-Rプログラムのサポーティングカンパニーに参画することに合意いたしました。横河電機株式会社はサポーティングカンパニーとして、HAKUTO-Rプログラムを通して得られる知見を生かし、地球上の産業用に実績のある技術を用いて、水資源探査に有効な計測技術、水素バリューチェーンに必要な制御技術など、月面での経済活動に必要なインフラの実現に向けて開発を行っていく予定です。

●  株式会社ispace Founder, Representative Director & CEO 袴田武史のコメント

「今年1月に、2022年は当社の歴史の中でも重要な年になるとお話ししてから、ミッション1のフライトモデルの組み立てを計画通りに進め、現在は最終環境試験を迎えています。早ければ今年11月[iii]に打ち上げ予定であることを、お知らせできることを嬉しく思います。我々は、このミッション1が民間宇宙開発の歴史的転換点になると信じています。当社のミッション2を含め今後の世界の月ミッションがより信頼性の高いミッションになるためにも、ミッション1で得られる技術データ・経験が非常に重要であることは言うまでもありません。ミッション1を予定通り打ち上げるべく日々懸命に作業をしているエンジニア、それを支える全社員に感謝するとともに、本ミッションをご支援いただいているHAKUTO-Rパートナーの皆様をはじめ、関係者の方々に感謝いたします。」

(参考)HAKUTO-Rミッション1ペイロードについて

ランダーの上部にはペイロードの搭載が可能で、ミッション1では7個のペイロードを輸送予定です。

●  HAKUTO-Rのコーポレートパートナーである日本特殊陶業株式会社の固体電池

●  UAEドバイの政府宇宙機関であるMBRSCの月面探査ローバーRashid

●  JAXAの変形型月面ロボット

●  カナダ宇宙庁によるLEAPの一つに採択されたMCSS社のAIのフライトコンピューター

●  カナダ宇宙庁によるLEAPの一つに採択されたCanadensys社のカメラ

●  HAKUTOのクラウドファンディング支援者のお名前を刻印したパネル

その他のペイロードについては後日公開予定です。

ispaceのミッション 2に搭載可能なペイロードは既に決定しており、現在はミッション3以降のペイロードサービスに関して様々な交渉が行われています。ミッション2の計画及び搭載予定のペイロードについては後日公開予定です。

■株式会社ispace (https://ispace-inc.com/)について

「Expand our planet. Expand our future. ~人類の生活圏を宇宙に広げ、持続性のある世界へ~」をビジョンに掲げ、月面資源開発に取り組んでいる宇宙スタートアップ企業。日本、ルクセンブルク、アメリカの3拠点で活動し、190名以上のスタッフが在籍。2010年に設立し、Google Lunar XPRIZEレースの最終選考に残った5チームのうちの1チームである「HAKUTO」を運営していました。2021年12月時点で総計約218億円超の資金を調達。月への高頻度かつ低コストの輸送サービスを提供することを目的とした小型のランダー(月着陸船)と、月探査用のローバー(月面探査車)を開発。民間企業が月でビジネスを行うためのゲートウェイとなることを目指し、月市場への参入をサポートするための月データビジネスコンセプトの立ち上げも行っています。

ispaceは、NASAのCLPS(Commercial Lunar Payload Services)プログラムに選出されたドレイパー研究所のチームの一員でもあります。2020年12月に、ispaceとispace EuropeはNASAから月面で採取した月のレゴリスの販売に関する商取引プログラムの契約を獲得しました。ispace EuropeはESAのPROSPECT(月面での水の抽出を目的としたプログラム)の科学チームの一員に選ばれています。

HAKUTO-R (https://ispace-inc.com/hakuto-r/)について

HAKUTO-Rは、ispaceが行う民間月面探査プログラムです。独自のランダー(月着陸船)とローバー(月面探査車)を開発して、月面着陸と月面探査の2回のミッションを行う予定です。SpaceXのFalcon 9を使用し、それぞれ2022年[iv]に月面着陸ミッション、そして2024年[v]に月面探査ミッションの打ち上げを行う予定です。このプログラムは、月の情報取得と地球―月輸送サービス構築に向けた技術検証を行います。HAKUTO-Rのコーポレートパートナーには、日本航空株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、日本特殊陶業株式会社、シチズン時計株式会社、スズキ株式会社、住友商事株式会社、高砂熱学工業株式会社、株式会社三井住友銀行、SMBC日興証券株式会社、Sky株式会社が参加しています。また、HAKUTO-Rメディアパートナーには、株式会社TBSホールディングス、株式会社朝日新聞社、株式会社小学館が参加しています。

 

[i] 2022年7月時点の想定

[ii] 2022年7月時点の想定

[iii] 2022年7月時点の想定

[iv] 2022年7月時点の想定

[v]  2022年7月時点の想定

Follow us:
in
fb